男性でアパレル業界への転職を考えているなら、ネットにこんな情報がありました!!

MENU

男性でアパレル業界への転職を考えているなら、ネットにこんな情報がありました!!

男性でアパレル業界への転職を考えているなら、ネットにこんな情報がありました!!

 

一見華やかに見えるアパレル業界は、非常に厳しいところです。衣服の製造、流通を中心としたところですから、転職する条件としてはある程度の専門性が求められます。

 

 デザイナーは特殊な存在ですが、仕入れを担当するバイヤー、型紙づくりを担当するパタンナー、営業・店舗管理、店長、情報を海外に発信するプレスなど、いずれも高度なセンスを求められます。

 

 業界は4兆円規模といわれ、平均年齢は38.9歳と若く、働き盛りの若い男性が飛び込むにはやりがいのある職場ですが、労働時間は長く、高度なセンスが求められるので、厳しいものがあります。そのかわり、能力が認められれば年収500万円以上が約束されます。

 

 

 自分に適した職場はどれかを知るには、ネットで検索すれば、企業、仕事の内容、転職する上での条件、心構えといった情報が沢山出てきます。

 

 アパレル産業の盛んな地域としては岐阜市、三備(岡山県南部から、城島兼東部)が知られています。

 

 外資系の職場も多いですが、外資系の場合は、まず英語ができることと専門性が求められるので、ある程度経験がないと採用されることは難しいでしょう。

 

 アパレル業界の市場は、今後さらに大きくなることが予想されているので、やる気とセンスのある男性にとっては大変魅力的な職場と言えます。